覚えること|駐車場経営でオーナーが疑問に思うことを解決
男女

駐車場経営でオーナーが疑問に思うことを解決

覚えること

複数の車

駐車場経営をする場合、知っておくと役立つ専門用語がいくつかあります。これらの意味を知っておけば、不動産会社や経営支援してくれる会社とのやり取りがより円滑に進められるようになります。駐車場経営を不動産会社に全て任せる方法は一括借上と言います。この方法のメリットは面倒な駐車場の掃除などの様々な管理を全て不動産会社が行なうのでオーナーは何もせずとも収入が入って来ます。駐車場経営の方法としてとても有名な契約方法なので把握しておきましょう。パーキングでは停車した車が支払いせずに走行させないよう車止めと呼ばれるロック機能を設置することがあります。この機器を導入するためにはコインパーキング経営の支援をしてくれる会社とリース契約を結ぶ必要があります。またこの機械と一緒にゲートバーと駐車券を発券してくれる機器も導入の必要性があります。このシステムは一般的なコインパーキングで活用されているものなので、ほんどの人が見たことがある馴染み深いものです。利用者はパーキングを利用する前に発券ボタンを押して、利用開始時刻が刻まれたカードを受取ります。パーキングを出る際はこのカードを駐車発券機に入れることで何時間利用し、金額はいくらなのかを知らせてくれるのです。基本的に無人のコインパーキングで行われている方法なので覚えておきましょう。またフラップ版と呼ばれる機械も車停めとセットになって利用されています。コインパーキングを利用者に知らせるための看板は大きなPマークが特徴的で、呼び方もそのままP看板と言われています。夜でも見えるように看板は点灯します。最近では満車か空きがあるかなどの表示もできるタイプが増えています。このように駐車場経営では様々な専門用語が使われるので覚えておきましょう。